特定非営利活動法人 フードバンクにご理解頂き・ご支援下さい。
foodbank-fukui

   
         



   


  NPO法人フードバンクふくいの活動内容は、本来は捨てられるはずだった食品を、
  企業様・個人様から無償で引き取り、日々の暮らしに困っている個人・団体様に
  無償でお渡しする活動です。

  これは、廃棄に伴う無駄なエネルギーの発生や環境への負荷を軽減すると同時に
  人々の命を救うという、大変社会的意義の大きい活動ですが、残念ながら日本
  ではいまだにあまり知られていないのが現状です。

  日本では6年前から動き出し、現在28のNPO団体、11の団体が全国で活動中です。

  福井県は全国一の幸福県、生徒の教育・運動能力も全国トップクラスを維持し、
  子どもの貧困率も全国一恵まれています。自宅で栽培の野菜や果物は近所へ
  おすそ分けの風習が残り、フードバンク事業も不要でした。しかし、近年の貧困
  事情は6人に1人が全国平均で福井県でも20人に1人が貧困状況となっています。
  その「50%」がひとり親家庭の貧困状況であることが掲載されました。

  福井新聞の記事をご覧ください。

  平成28年12月8日 フードバンク活用推進情報交換会「金沢会場」に参加
  開会挨拶 東京農業大学 名誉教授 牛久保明邦 様
  情報提供 農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課 浅浦 真二 様
  公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 石川 友博 様
  農林水産省北陸農政局:新木友志様、高橋克行様、その他、石川県各地社会福祉
  協議会・石川・富山各地自治体様、食品関連事業者:(株)プラント様、伊藤忠
  商事(株)様、アルビス(株)様、(株)スギヨ様、特定非営利活動法人:Happy
  Market さくら様、フードバンクいしかわ様、フードバンクふくい、総数29名が
  参加して、盛大な意見交換会を約3時間行われました。


そば打ち体験・地引網体験の売上金の一部を寄付しています。
食品を必要としている施設・個人の申込を受付けています。
  2人の親が働いていても、収入UPも少なく、家のローン・家賃・自家用車の維持費・子供の学費に苦労されている家庭も多く、まして、
  ひとり親家庭は更に大変だろうと考えられます。以上の理由で2015年12月頃から賛同者数名と協議し、全国的に後発組でありますが、
  2016年1月フードバンク事業を開始致しました。趣旨をご理解頂き、皆様のご協力・ご支援をお願い致します。

mail foodbank-fukui@cap.ocn.ne.jp



2017年度の「軽トラ市」は、2017年11月05日で終了いたしました。

所在地:〒916-0054 福井県鯖江市舟津町4丁目 4-5 サンハイツ 1D   FAX 0778-42-8806