特定非営利活動法人 フードバンクにご理解頂き・ご支援下さい。
foodbank-fukui

   
         


チャリティ趣旨全文

『わたしは、ダニエル・ブレイク』は、映画界からの引退を表明していた巨匠ケン・ローチ監督が、現在のイギリス、そして世界中で
拡大しつつある格差や貧困にあえぐ人々を目の当たりにし、今どうしても伝えたい物語として引退を撤回し制作されました。

本作で描かれている問題は、もはや遠い国の出来事ではありません。「下流老人」「こどもの貧困」といったキーワードが広く
取り沙汰される現在の日本でも、今日一日の食事すらままならないような貧困に苦しむ人々が現実に存在します。
少しでも「貧困」を食い止めるために、国や地方自治体だけでなく、「フードバンク」や「こども食堂」といった
民間を主体とした動きが起こり始めています。

「誰もが享受すべき生きるために最低限の尊厳」や「人を思いやる気持ち」。
この作品に込められたケン・ローチ監督をはじめとする制作者たちのメッセージをより具体的な形にするために、
「ダニエル・ブレイク基金」を設立し、日本の本作の公開によりもたらされる収益の一部を、日本でダニエルと同じような境遇に
苦しむ人々を援助する団体に助成金として支払うことを決定いたしました。

この映画を鑑賞していただくことが、チャリティに参加することになる。そんな映画ならではの施策で、より多くの人が本作
で描かれる貧困・格差問題に対する理解を深め、援助が増える契機となることを切に願います。

 
 映画を観て、チャリティに参加!
 
 映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」は、本映画を通じて得られる
 収益を、貧困に苦しむ人々を支援する団体に、有料入場者1名につき
 50円を寄付致します。

 この企画に賛同して、NPO法人フードバンクふくいも
 フードドライブに参加致しました。

 ご理解頂き、ご家庭に眠っている缶詰や保存食が残っている
 食品に新たな命を吹き込み、必要としている個人・団体様へ
 無償配布するのが、フードドライブ活動です。

 映画を観る前に、映画を観終わった後でも結構です。
 ご家庭に眠っている食材「賞味期間が1ヶ月以上ある」食品が
 限定となりますが、あればご協力下さい。

 絶賛コメント続々届いています。

 各地では、既にフードドライブが開催されました。

 文部科学省特別選定作品です。是非、ご覧ください。
 フードドライブも管内に設置され、準備完了です。
ひとり親家族は、入場料1,600円が⇒ 1,000円、子ども800円が⇒ 500円でご覧頂けます。
こちらからお申込頂き、ご予約確認書を福井メトロ劇場窓口で「提示」して下さい。


5月16日現在、沢山の保存食が集まっています。心から感謝申し上げます。


所在地:〒916-0054 福井県鯖江市舟津町4丁目 4-5 サンハイツ 1D   FAX 0778-42-8806